to 151 ~イチゴイチエ~  
日々の生活で出会った物事を書いています。
プロフィール

ぼっくす♪

Author:ぼっくす♪
元「段ボール箱入り娘」
岡山→中国→東京→そして岡山

まだまだ知らない世界が多くて
この歳になっても色々な物事に
新しく出会う毎日。
肩肘張らずイチゴイチエを
楽しめたらな~



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトガーデン
住んでいる町にある植物園で3日限定のナイトガーデン。
夜咲く花を中心に公開しているということで行ってきました


ちゃんと夕方にさく夕顔
DSCN0634 - コピー 


カラスウリの花
DSCN0643 - コピー
          花弁からもじゃもじゃが…(゜ロ゜!|| )ギョエ



オオオニバス
    ・・・ただいま開花 真っ最中・・・
DSCN0664 - コピー 
1時間ほど前に見た時はガクの隙間から白いものがちらっと見える程度、
完全なつぼみだったのに…

そして花が開きかけると何とも甘い香りが鼻をくすぐります。
その香りが懐かしく、なんだか切ない気持ちになっちゃった今日のto151でした。



明日になると
こんなになるみたいです
                      DSCN0630 - コピー 


スポンサーサイト
寄生虫館

目黒にある寄生虫館に行ってきました。

なんてったって世界で唯一の寄生虫の博物館です。

入り口を入ったところにあるガラスのパーティション
色々な寄生虫のイラストが入っています。
コピー ~ DSCF1526

一番上の右から2番目なんてかわいくな~い?

そしてサンプルもたくさん
あまりグロテスクでないものをご紹介しておきます。
コピー ~ DSCF1516

昔は日本人のおなかにも結構いたりしましたよね。
最近ではおなかに回虫がいたっていう話もあまり聞きませんが。

お次は2階へ
コピー ~ DSCF1514


実際に体内から出てきたサナダムシの標本ですが、(確か女児から)
その長さがどれだけか分かるものが左側の紐です。

引っ張ってみたりしましたが、
部屋の隅まで行ってもまだたるんでいます。
確か8.8メートル (@0@ノ)ノ

世界の色々な寄生虫の展示や紹介もありました。
グロかったのは魚の目に寄生する虫。
思い出しただけでもぞぞっとします。

なんとグッズショップもありまして
ここでは研究員が実際に採取した寄生虫をガラスに閉じ込めた
キーホルダーやストラップが・・・
蚊が入った琥珀などが売られてるのをどこかの宝飾店で見ましたが
寄生虫入りガラスには宝飾の価値はなさそうです。

これをプレゼントするってことは
「私、貴方に寄生したいの!」
というメッセージが込められてるのかしら・・・?
と3人で冗談を言いながら物色していました。
よし、わたくしからプロポーズすることがある時にはこれを使おう!!( ̄▽ ̄)q

かなりグロい寄生虫ポストカードも盛りだくさん。
いったいどんな人が買ってどんな関係の人に差し出すのか。
ひじょ~に興味があるぅ。

海外から来ていた私の友人は
寄生虫イラスト入り、右下に「目黒寄生虫館」と行書で書かれたTシャツを購入。
ま、日本では着る代物ではありませんね。

ここは入館料無料です。
でも寄付金箱が置いてあります。
実際に楽しめた金額を入れればいいんじゃないでしょうか。

実は以前からお腹に回虫をで飼ってみたいと思っていたのですが
(栄養も取られるが、同時に毒素も食べてくれる。アトピーに効くとかって聞きました)
その紹介はなかったようです。
残念。

でも、もう何年も前にテレビで見てからずっと気になっていたこの寄生虫館。
こられて良かったです。

次は国立西洋博物館の「ウルビーノのヴィーナス」を見に行きたい。
このギャップは激しいけれど、「musiumめぐり」には変わりないですよね。

今まで訪れたミュージアムのなかでも、異色のところでした。
満足満足の 先日の"to151"でした。

目黒寄生虫館のホームページ


里芋の露

数ヶ月も前に実家から送られてきた野菜の中に残っていた里芋。
一つだけ料理するわけにも行かず、水栽培することにしました。


中々芽が伸びなかったのですが、ここ1週間で一気に伸びまして

ご覧のとおり


SN380011.jpg  ひょろ~


葉が出ました。(ちなみに下は巨大芋じゃなくココナッツ殻ですよ)
昨日から今日にかけて葉がだんだん開いていってきています。




そんな今日は浅草で寄席を見に入り、あと二人待てば林家正蔵というところで
時間の都合で退席してしまいました。
こぶ平がどんな風に変わったが見たかったんだけどなあ。

演芸場を出るともう日が落ちていて七夕祭りのビラビラが風に揺れていました。
                        SN380010.jpg

今年も笹飾りをするチャンスはなかったけれど、
私はああいう七夕のようなイベントが好きです。
願いたいことが多すぎるから?
うん、一理あり。

そういえば中国での七夕は情人節
(バレンタインデー)なのよね。
もちろん笹飾りはなし。

最近ではバラの花束なんかが花屋に並んでいましたね。
1年に2回バレンタインデーがあるなんて
男性は大変でしょう。

話を元に戻して、この七夕の短冊
子どもの時にはどんな願いを書きましたか?
今なら何を書きたいですか?



さて、こんなことを聞いたことがありませんか。
七夕の短冊は里芋の葉にたまった朝露で
墨を溶いて、それで願い事を書くといいとか

わたくしは小さい頃に祖母から聞かされていました。

町っ子の私ですからそんなものが手に入るはずもなく、
いわゆる学校用の墨汁かなんかで書いたんじゃないかしら。


でさらに話を元に戻しますと
うちの里芋ちゃん
葉っぱの先に水の玉を作り続けてます。


里芋の朝露ってこれのこと? 違うよね。 SN380012.jpg  


この水玉
大きくなっては雫となり、
落ちてはまた水をため大きくする


下から上がってきた水分が
ここで飛び出しちゃうのかなあ。

新しい発見でした。
SN380005.jpg
小さい方もこのとおり、露がこぼれています。→
朝露とは違うでき方だと思うけど、
これをいっぱい集めて字を書いたら


きっときれいな字が書けそう。

望みも叶いそう?
私は望みがいっぱいある夢見るおとめなので
欲張りなおばさんなので、


その願い分この露をためるのは大変です。

来年の七夕まであと364日ありますから
きっといっぱいたまるでしょう。



 


今年もこれが最後かな

ずいぶんと暖かくなってきました。
桜もほとんど散って葉が出始め、

見納めにと
終わりかけの桜の下で
20070416004406.jpg  
         20070416004436.jpg

お友達とお弁当(^v^)
プチピクニック気分です。

と思いきや・・・・次の日


20070416004712.jpg

赤坂では八重咲きの山桜が満開!


20070416004507.jpg

暖かな春の日に照らされて透ける薄茶色の葉が
美しかったのでシャッターを。


この花を見ながら、
そういえば・・・・(´-`).。oO()
と昔父に言われた言葉を思い出しました。


「ぼっくす♪は まるで山桜じゃ!」


その心は・・・


 


 


「ハナより前にハが出てる」 ―( ̄∇ ̄;)→グサッ!!!


私だってできることならソメイヨシノ顔になりかたったわよ~ (▼3▼)p
と思いながら鏡を見つめる今日のto151でした。

あなたを花にたとえると何かしら?

立てば芍薬、座れば牡丹
歩く姿は


 


 



え、   ハエとり草? ( ̄m ̄*)
                     
まあ、魔性の女(男)ってことで・・・・


テーマ:春だねぇ。.:+゚ - ジャンル:日記

正月料理?

日本では7年ぶりに、自宅では8年ぶりに迎えるお正月。
が、喪中と言うこともあってかヒジョーにお正月らしくないお正月でした。
それでも 何か年初めに相応しい画がほしいものですなあ・・・

てことで


♪ おしょーがつを 写そ!


       ぽんっ




20070103131842.jpg

   いのしし ハンバーグ (`Λ(・・)Λ´)

父が山奥の村からもらってきた猪ミンチで作りました。
ずっと前、どこかで牡丹鍋を食べたことはありますが、
自ら猪肉で料理するのは初めて。

豚肉料理をするときに、豚の姿を思い浮かべることはないのに
この時は猪ちゃんが頭の中にチラチラ現れてくるんです。

私のつなぎの入れすぎを除いてはまずまずのお味。
豚肉よりずっとあっさりしていました。

冷蔵庫にはまだ
猪レバーに猪横隔膜があります。
今夜もいのししディナー?
横隔膜の料理法なんてシラナイ(ーー;)

瀬戸内の鰤を差し上げたお返しだったようですが、
亥年だから猪をくれたのかしら?

じゃ、このまま行くと来年の正月は・・・・・

( ̄皿 ̄;ノ)ノ ク、クルナァーーー ℃~..........

その肉は勘弁してほしいなあと思った
                   今年の初 to151 でした。


今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m 


 


理想と・・・

ずっと、ずっと、もう何年も前から欲しかったんです。

アンゴラ入り 白のコート
ほら、中国では買えないでしょ。

え?そりゃもちろん売っているんですけどね。
中国で売っている白いコートは繊維に特殊加工がされているようで ( ̄m ̄*)


 購入後1週間でグレーのコートになるのでした。

                ・・・ ( ̄д ̄:) ベージュバンモ アルヨ    


という事で帰国後念願の白いコートを購入しようと
先日からデパートを何軒もまわっていました。


そして本日ついに出会った一着!






    coat      
デパートのコートは予算オーバー!
値段もお手ごろ、いいなと思ったデザインは白がない。
これの白は売り切れなのかなあ、最初からないのかしら、
と思いながらとりあえず黒のほうに袖を通してみると


あら、結構いい感じ (*゜o゜* )


という事であっさりお買い上げ
白コートは来年に持ち越しー! とあいなりました。


デパートを歩いていたときなんて白コート以外は目に入らなかったんです
まるで白だけスキャンしているみたいに。
でも理想のものではなくても、ちょっとしたきっかけで目に入り、
実際に触れて着てみると似合うものがある。


人とのお付き合いもそんな感じかなぁなんて思った今日のto151でした。
黒コートさん、これからよろしくお願いします。


でもクリスマスプレゼントに白いコートってなら
           大歓迎ですわ。  (人ω-)謝謝(-ω人)謝謝


案山子に会う

中国は農業国というイメージがありましたが、今は工業国でもあります。
もちろん私が住んでいた町も工業区。
畑は絶滅に瀕した状態で少し残っていましたが、田んぼは絶滅!
ですから中国では案山子を見たことがないんです。


そんなもんで、日本で見る案山子は懐かしく、いえいえ、かえって新鮮でした。

  20061112113032.jpg      20061112113121.jpg
「若い姉ちゃん」・・・( ̄  ̄∥)     お疲れのようで


20061112113043.jpg   20061112113104.jpg   20061112113111.jpg
「シンクロ選手」だそうです   「ハンカチ王子」      「藍ちゃん」
                 白ハンカチ?ひげ?   かなり日焼けなさって・・・

      20061112113138.jpg 
    ありゃりゃ、そり返っちゃってたおれそう。 これはいったい誰かしら?


 



         20061112113130.jpg  (-公- ;)ウーン そういうことか。

突っ込みどころはたくさんあったのですが、
楽しみながら作っていただろう農家の方を思い浮かべると、心が和みます。
実は田んぼではなく、道の駅での案山子コンテストを撮ったものなんです。
昔からある、手ぬぐいを巻いて顔はへのへのもへじ、なんてのはもうないなぁ。

これですずめさんもどこかに行ってくれるといいですね。 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。