to 151 ~イチゴイチエ~  
日々の生活で出会った物事を書いています。
プロフィール

ぼっくす♪

Author:ぼっくす♪
元「段ボール箱入り娘」
岡山→中国→東京→そして岡山

まだまだ知らない世界が多くて
この歳になっても色々な物事に
新しく出会う毎日。
肩肘張らずイチゴイチエを
楽しめたらな~



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の出来事と思い出

陌生人赤の他人と訳すか、知らない人と訳すか。
そんな意味です。

昨日、駐輪していた自転車を引っ張り出そうとして、
隣の自転車が倒れそうに・・・
将棋倒しかっ ∑(◇ ∥) と思った瞬間、
通りすがりの人がすかさず隣の自転車を止めてくれました。
「出せます?大丈夫ですか?」

先日新宿駅のホームで倒れちゃったんですが、 ミ(〇_ _)〇
電車から出てきた二人が私の肩を担ぎ上げてくれました。
 
一人は男性一人は女性、この二人も知らない人同士。
「駅員さんを呼びましょうか?」
「大丈夫ですか、歩けますか?」
といってエスカレーターまで連れて行ってくれました。

ただの立ちくらみだったので、大丈夫だったんですが、
この知らない人のやさしさに対する感謝の気持ちとともに
日本のこういうところに誇りを感じました。

こういう事があると思い出す出来事があります。

東莞にいた頃、近所を歩いていたら
「涼茶」のテイクアウトをしようとしている臨月(らしい)妊婦さんの手元から
10元札がはらりと落ちました。
「私が拾ったげる」と言いながら私が手を伸ばした瞬間、
その妊婦さんは慌てて、落ちた10元札をひったくるようにして拾い上げた!

彼女を見て「そんなつもりじゃないのに・・・」といったら、
私の身なりを見た彼女は気まずそうに、
「あ、わたしも・・・・そ、そんなつもりじゃ・・・。」と。

その後私は家に帰るまで涙を止めることができませんでした。
私が帰国を決めた理由の1割はこの事件にも関係があります。

中国がとか、日本が、いい悪いというのではなく、
それぞれの行動をおこさせる社会や環境、歴史がそこにある
そう感じました。

自己人仲間と訳すか・・・な?

中国では友達になるととても親切にしてくれます。
気軽に家に呼んでご馳走をしてくれたり、
ちょっと困ったことがあると、つてを使って何かを手配してくれたり、
まるでそれが当たり前であるかのように。

日本に来て間もない中国の人は言います。
いつでも遊びに来てね。って言うから遊びに行ったら、とても困った風だった。
「中国人のことを嘘つきが多いって言う人が多いけど、
 日本人こそうわべだけの嘘つきだ」
と。

ある角度から見ると事実でしょう。

中国では陌生人と自己人とははっきり分かれていて
一方日本では知らない人にも親切であると同時に、友達の間にも距離感がある。

中国にいるときによく聞かれた、シンプルでいて難しい質問。
「中国人は好き?」

いつからか私はこう答えるようになりました。
「知らない中国人は嫌いかも。
でも私にはとても大切な中国人の友達が何人かいる。」


ちょっとシリアスな話になってしまった今日の"to151"でした。

       今の私は素敵な中国人スタッフに囲まれています。


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。