to 151 ~イチゴイチエ~  
日々の生活で出会った物事を書いています。
プロフィール

ぼっくす♪

Author:ぼっくす♪
元「段ボール箱入り娘」
岡山→中国→東京→そして岡山

まだまだ知らない世界が多くて
この歳になっても色々な物事に
新しく出会う毎日。
肩肘張らずイチゴイチエを
楽しめたらな~



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒に撮ってもらいました。

ディズニーランドに行ってもミッキーと一緒に写真を撮ろうと思わない私ですが、
先日新宿西口で、どういう風が吹いたのか、

「一緒に撮ってもらえますか?」
と言ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

で、これ。

with Mr. Hotpepper - コピー  

よく見ると爪が赤かったのね。
ホットペッパーだけに「鷹の爪」?
そして短い下半身、おむつみたいでかわいかった。
でも撮っている間は、この中にオジサンとかが入ってるんだろうか…?
なんて考えてました。

で、別に必要はなかったんですが、ここでもらわないとばつが悪いので、
新宿エリア版(分厚いんだよ、これが)一冊もらって帰りました。

思い返せば返すほど、どうしてこんな行動を取ってしまったのか(ーー;)
と不思議に感じる 今回の"to151"でした。


八重洲

東京にきて2年以上
初めて八重洲通りを歩きました。
なのに「トコロに会う」に分類しなかったのは

  これを↓↓見たから

kiririn 

結構見とれてしまったキリンの像
ちょっと撮る角度が悪くて残念。もう少し遠くから見た方がきれいでした。
模様のないすっきり感と、王冠が素敵
勝手に「キリリン」と名付けてしまいました。

本当の名前(作品名)はなんていうんだろう…近寄って見ればよかった。
誰か教えてください。

その後、東京駅に戻ろうとしたとき、地下で立ち止まってしまったんですが

   それはこれを↓↓見たから

?キッチン


どう読むんですか?
3つ目の字はカタカナですか? 漢字ですか?
どちらにしても意味が分からない。
誰か教えてください。

           疑問の残る今日の"to151"でした。


電気ショック ∑( ̄◇ ̄)

年の瀬ですねえ。町を自転車で走ると大掃除をしている人をよく見かけます。
私は大掃除どころか、部屋はmess状態。

新しい部屋の契約も済み、
7日の引っ越しまではカーテンレールをつけたり電気を取り付けたり、
バルサンを焚いたりと、ちょこちょこ行っています。

先日、お気に入りのリサイクルショップで
レトロチックな電気ペンダントを見つけました。

一つはこれ
DSCF1791.jpg
シェードはホウロウ製、キッチンに合うなと思って即購入。

もう一つは金属製の鳥籠のような形をしたペンダント。
これも和紙紙を貼ったりしてもいいし、
アジアンチックにアレンジ出来そうなので購入。

さて、ペンダントを取り付け、電球を入れ、ブレーカーを上げたところ

電気がついた!


ついた?



  ( ̄△ ̄;)エッ・・?











つくはずがないのに・・・

だって

    スイッチ入れてないよ!  アリエナィ(w゜□゜)w  


おっ!
玄関を入ったところのスイッチを発見!
中国のように、スイッチのonとoffをつけ間違えたのかなと思い、パチッと。

・・・・トイレと玄関外の電気がついた。  (ノ_ _)ノ ドテッ
ということは

(/||| ̄▽)/ゲッ!!!

電灯用スイッチが存在しない

そして私の買ったペンダントには紐で引っ張るスイッチがない。

不覚 迂闊 ショック
  ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


よく考えてみれば、そりゃ築35年のアパートだもの、
そういう配線がない可能性もある。
でも中国の農民アパートでさえ、そういうところはなかったから(言い訳?)、
それをチェックしなかった私が悪いんです。

とはいえ、明かりを消すためにいちいちブレーカーを落としていては
冷蔵庫も止まっちゃう。

il||li _| ̄| il||li なんておバカなんだ・・・・・

でもそのペンダントは返したくない!
それで色々電気屋さんを回った結果、見つけたのが

DSCF1790.jpg 

  国民3号ソケット!
    
何か名前が正義の味方っぽい(⌒m⌒*)ぷっっ♪

 

  これを電球との間に取り付けると
  スイッチ紐つきになるというわけ。

  でも長~くなっちゃって見た目が
                   (ーー;)ウーン



次の日は電球が二つつけられるものを探し高井戸まで。
あまりにもカッコ悪いので、
黒の部分をシェードに合わせてシルバーと白に塗りました。
DSCF1786.jpg

もうひとつ6畳用のペンダントを買わなければなりません。
デザインと値段にこだわるので、引越しまでに見つかるかどうか。
来年に持ち越しかな?

  年末は失態で終わる今年最後の"to151"でした。

**********************

 めったに更新しないにもかかわらず、遊びに来てくれた方、コメントを残してくれた方
 ありがとうございました。
 来年も細々と続けていきますので、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
 よいお年を!


のぐお さん

先日私の友達の知り合いの友達という関係で(…長い)、
「のぐお」さんという方と知り合いました。

お名前だけでは?という方もいると思いますが、
NHKで粘土アニメーションを見たことがある人は多いのでは?

あのアニメーターの内のお一人がのぐおさんです。
実は私もそのお話で、ああ!とわかりました。
他にも雑誌やテレビなどでも活躍されています。

そのアーティストさんに会える? (^0^人)
クラフト好きの私は楽しみで仕方ありませんでした。

先にYOU TUBEなどでチェック!

そしてゴタイメ~ン! 
ビジュアル的にも楽しそうな人というのが私の印象でした。
ええ、個人的にロン毛・メガネに弱いので~ (//v//)
そして服装もポップな感じで・・・・年齢不詳。

のぐおさんのオフィシャルHPはこちら
ぜひぜひ見てください。
トップページの半球体の粘土も実物を見させていただきました。
バレーボールぐらいの大きさのもので、中にいっぱいかわいいキャラクターたち

すごいのは、アニメーションをすべて自分で手作り!
粘土制作、撮影、アフレコ、編集 ・・・・

そして今回は中国山東省煙台のアニメ漫画フェスティバルに招待され、
いざ中国へ!

のぐおさんのブースはお客さんも参加型で、とても賑わっていたそうです。
準備して行ったアニメフィルムも大反響だったとか。

詳細はのぐおさんのHPからブログにとんで見てくださいね。

お手伝いの内容はちょっと大変でしたが、やりながらも楽しくて、
ほんの少しでもこのプロジェクトにかかわれたことを光栄に思います。

記念にのぐおさんのキャラクターの一つ「ペングー」(変身するペンギン)の
携帯ストラップをいただきました。
pengu strap1

これ、粘土からアクリルコーティング、ストラップ取り付けまで
全部のぐおさんの手作りなんですって!(@0@)

驚きです。
一つずつ微妙に違うそうです。

下からのアングルは
pengu strap2
ほら、表情違うでしょ。

この後、私も啓発されて、オーブン粘土で実家の表札を作ったりしてみました。
温度設定が悪く、ちょっと端が溶けちゃった。(´へ`)
もう一回やり直しだ! ( ̄0 ̄)/
・・・・と粘土を買ったまま、まだ作っていません。(ーー;)

と自分のことは置いといて、

のぐおさんの今後の更なる活躍、期待してます!

東京にいるだけで、いろんな人と巡り合える。
そしていろんな世界を垣間見ることができる。
それを実感した今日の"to151"でした。

追記:トップページの犬が動く画像とタイトルが出ないんですが、私のPCだけでしょうか・・・
    そろそろスキンも変えようかな。





白黒、またはセピア その1
カテゴリーは「ヒトに会う」ですが、ちょっとだけ、違うかな。

ヤスオです。

yasuo2.jpg

他人に言うときは父方の祖父と言いいますが、
家族の中で私はこの祖父を「ヤスオ」と呼んでいます。

私の中でおじいちゃんと呼べるのは母方の方だけであり、
それは父方の祖父保夫(やすお)が、
父が5歳、叔母が2歳の時に病死したため、一度も会ったことがなく、
また話を聞くことも少なかったから。

また、ほんの偶に祖母が過去の話をするときは
やはり「ヤスオ」と呼んでいたからです。

孫に名前で呼び捨てされているのを知り、
あの世で腹を立てているかも。

先日実家で古い写真の整理をしていて、
若き日のヤスオの写真を見つけました。

眉がゴルゴ並みに太いことと
肩幅が狭いことを除けば、結構いい男じゃないですか?

私を知っている人ならわかると思いますが、
どこを探しても私と似た個所が見つかりません。

少しでも似たところがあればいいのに、とちょっとさびしい気分。

一緒に住んでいた父方の祖母「うちのおばあちゃん」
私が中国滞在中に急死しました。

だから、今となってはヤスオがどんな人だったのか、
祖母の口から知る由もありません。
もっと色々聞いておけばよかった。

いつか私もあの世に行ったらヤスオに会いたいな。

きっと私の方が年を取っていると思いますが、
その時でもいいから、ヤスオではなく、
「おじいちゃん」と呼んでみたいなと思う今日の”to151”でした。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。